(元頑固一徹パチンコ日誌) 仕事が終わってパチンコに行くうねみちのブログ。 主に羽根物を打ってます。タイトルを急に変えてごめんなさいぺこ <(_ _)>
  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
今のパチンコと昔のパチンコ
 最近パチンコを打つようになって、店員をやっていた8年前とは随分変わりましたなって思います。私の持論ですが、パチンコとは当たれば金額にして5000円ほどの単発が出るわけで、基本的に5000円打ってる間に当たりが来なければ、遊ばせてもらえない店って考えてたんです。店員をしてた時もそうでした。私が勤めていた店は、優良店とは言えませんでしたが、遊ばせてあげる台と言うのははっきりしていて、一箱飲まれたくらいでちょうど次ぎの当たりを引くような確率でした。これは、当時からあるマジカルランプやナナシーに限ったことではなく、CR機と呼ばれるものも同じで、あの大連チャン機の大工の源さんでさえ、遊ばせる台はそんな感じだった。

 それが今はどうでしょうか?以前の機種のような設定と言うものもなくなり、5000円打てば出るとか言う良い設定の台にめぐり合えたと打っていてわかる喜びがなくなってしまった。そして、中々当たらない確立・・・・
釘さえ同じであれば、理論上どこの店でも同じ性能の台。なんだかなって気がする。

 ギャンブルを無くす動きは、あって当然だからしょうがないのかもしれないけど、多分他の人とは違う視点からだけど、パチンコには思い出があるので、パチンコ業界の衰退はなんだかさびしい。法律や取締りが出来る理由は、いつも今現状の決まりごとでは追いつかないからであって、パチンコの以前の基準に問題があった為に、改正されたのだろうから、今パチンコ業界は根本的な解決をしなければならない。私の町は田舎だが、新しい店が2店も出来ている。店舗が多ければ儲かるのはわかるけど、もう客から儲けて新しい店舗を出して拡大していく時代のようには思えないのですけどね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ホント。。。
年々変わって行きますね・・・

オイラがパチ始めた24年前からすれば
今は「正にギャンブル」としか言いようが有りません。

規制と緩和の繰り返し
堂々巡りのパチ業界で、儲かっているのは一部の関係者ばかり
地位の有る人が有利な世の中なんだなぁ~と
つくづく感じます・・・。

だから、我々が賢いパチンコをしなければならない
じゃないと「いつかは潰れます」
なんか寂しい時代だね。
2005/04/14(木) 00:31:52 | URL | 銀平 #wPhs2S4s[ 編集]
寂しい時代
仰るとおりですね。

私の町は、市ではなくて町なんですよ。畑が目立つ田舎町なんですけど、そんなところに2店も店が新たに出来たんです。

こんな田舎に大型店を出しても元を取るだけの売り上げを徴収するわけで、その徴収するスタイルが今のパチンコ業界であるように思います。

現在の新基準機と呼ばれる台は、店が多く料金を徴収する為の台に思えて仕方ありません。寂しい時代ですね。
2005/04/14(木) 09:39:28 | URL | うねみち #wcyfw5rA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。