(元頑固一徹パチンコ日誌) 仕事が終わってパチンコに行くうねみちのブログ。 主に羽根物を打ってます。タイトルを急に変えてごめんなさいぺこ <(_ _)>
  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
一番の褒め言葉かな?
いつも「パチンコわらしべ長者」に
お越し頂きましてありがとうございます♪
今日の日誌はこちらです

久々に、ポツリとしようかなと言うことでして、いつもパチンコの日誌にコメントを書いてくださってる方々に、感謝を意味を込めて、お話したいと思います。

コメントで楽しそうって言ってくれるのって、すんごくうれしい!
実際楽しいのですが、それを表現するのってどうしたらいいのか?いろんな人のをパクッたり((ノω`*)ノ" テレテレ)オリジナルを考えたりして表現してるんです。

自分の心の声を文章にすると、ある程度伝わりますが、改行や色付け文字の大きさなどで、更に伝わるように勤めてます。でも、B.B.さんの躍動感のある文章にはまだまだ追いつきませんね。(笑
勉強させて貰ってます。

なんだかんだで一番嬉しいコメントが、私がその日打った台が楽しそうって言ってもらえる事ですね。多分、私がその台を好きなのが伝わるのだと思いますが、好きなものを楽しそうとか、打ってみたいとか言ってもらえるのは、本当に嬉しいです。

今、羽根がどうしても打ちたいんだけど、羽根の資金をスロで作ってると言う意味不明な感じですが、最後には絶対羽根で復活してみせます。そして、わらしべ実行!

調子が下降気味で厳しい状態ですが、長い目で見てやって下さい。
では、またポツリと書きます。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
Vカップでの出来事 
Vカップ当日

私の目標は15000発
それ以外は駄目!
ってことで朝から気合い入りまくり!
早めにホールに到着し並んで台をゲット!

ゲットしたのは、1日で100回(101回だけど)当たりを出したあの台です!
この日、最高のスタートを切ったわけなんですが、
まず皆さん・・・・これを見てください
Sn310149.jpg


の状況で
上はこんな感じ

Sn310150.jpg


目算で13000弱
実はこれが大会最終日の夕食前の状態です。


しかし、私の当日の玉数は1万発届いておりません。
何があったかお話しましょう。

そう


夕方まで


それは天国でした







出玉は一気に増えると言う感じではなく、じりじり増えていく感じで、昼には後ろに二箱を従え、夕方には画像の状態になりました。

ここまでかなり順調で、目標にしてた15000発まであと1箱
表情も恐らくにんまりだったでしょう

夕食を食べたのが19:30
うどんを食べてご満悦です。
しかし、ここからが地獄の始まりでした。

それまでハマリと言うほどのものはなかったのですが、数度の当たりを繰り返した後、急に100鳴きで一回も入賞せずと言う状況になり、箱は1箱なくなってしまいます。
(普通 玉ちゃんは12~3回の鳴きに一回V入賞です)


むぅ・・・・

玉筋 速度 問題ないように見えるのに何故か入賞しない・・・・
運が悪いだけくらいに思ってました・・・・



食事に出たときのあたり回数が、丁度70回


そして、77回でぴたっと止まってしまいました。






120鳴きでやっとV入賞するも、2R

焦りは隠せません。



気合いでなきに集中し、寄りはそのうち入る!程度に考えてうつ

うつうつうつ









ひたすら















2箱目が飲まれたときに・・・・
やっと気が付いたんだよね












役物の動きの異常に・・・・・














時間は21:30
ここで店員さんに言って修理が始まったとしても、15000発は行けない・・・・





続行!イレギラー狙いに変更!








玉ちゃんのポケットのタイミングは絶対に入る分けないタイミングなので、玉を暴れさせて役物ないのイレギラーで勝負することに・・




しかし・・・・・


気が付いたら200鳴きで入賞せずと言うハマリに陥ってました









異常に気が付くの遅かったから対応できないよ
ヽ(`Д´)ノウワァン



とうとう3箱目も他界・・・・・



目算で7000発あるかないか



現在時刻22:20






この台でここから盛り返すのは不可能
閉店40分前と言うことで他の台は開いている。
今日座った台は第一候補だったが、第二候補の台へ流して座ることにした。
(流して6900発ほど)

開始!




他の台を座って確信を持つ





やっぱりだ





さっきの台
役物のタイミングが全然違ってる




閉店までになんとか最低でも3000発と少しを出して1万発にはしたい







そして閉店10分前に目算で3000発あるかないかと言うところまでになった


これ以上深追いはなんだか怖いので終了し、
惜しくも1万発届かず・・・・・


合計9520発となった。








無念(ノ_・、)シクシク







でも楽しかった('-'*)フフ
大会とかっていつも普通に打つのと違って、朝から緊迫感があるし、燃えるね!
次回は早めの判断で優勝狙うぞヾ(〃^∇^)ノわぁい♪


銀平さんならびに皆様ありがとうございました。

ps.切ったり繋げたり文章を触りすぎて結局骨組みだけの文章になったのは秘密です
おまじない
 店員時代の楽しみに人のおまじないを見ると言うのがありました。これがほんと見てるだけなんだけど、結構楽しい。
 当時のお客様のおまじないを思い出せる限り書くと

座る台の前で左右指差し確認

親指をなめてからレバーを持つ

座る台の前で島のどの位置にあるか距離を目算する

店内に入る前に爪楊枝を口にくわえて入る

・・・・等など

結構見てるだけで楽しいんですよね。この人はこんな事してるとかね。皆さんも何かおまじないありますか?('-'*)フフ
カウンターの代わりに当たり予想
 またまた店員時代のお話。
 私が働いていた店はまだ台一つ一つに取り付けられているカウンターってのはなかったんです。当時でも7割以上の店で設置されていたので、時代遅れもいい所ですよね。

 でね?お客さんはどこ台が当たりそうかどうしても知りたいんだけど、知る方法がないんだよね。手がかりなのはその台のことを知っている人。つまり、店員がどの台がいつ頃当たったかとか知ってるのは当然でしょ?だからお客さんによく聞かれましたよ。

「どの台が出そう?」

なんてね('-'*)フフ
 こう聞かれると、店員はなんて答えると思います?答えるのもなんだか怖い気がするとか、思った方ハズレ~ 意外にもあっさりと答えてましたよ。

「あの台なんかそろそろ当たってもいいんじゃないかなぁとは思うんですけどねぇチャレンジしてみます?」

なんて言っちゃうんですよね。これは、私だけじゃなくて他の店員も一緒でしたね。その店の芸風だったのかな?わかんないけどね。
 きっと今でも教えてくれると思いますよ。でも、今じゃデータロボなんてのもあるから、こういう会話は古き良き時代の会話になってきてるかもしれませんけどね。
アクセス数上昇のお礼とCR大工の源さん
 私のパチンコブログに来ていただきありがとうございます。始めは一日50アクセスあるかどうかでしたが、一週間後には日曜日を除き80アクセス前後あり、大変嬉しく思っています。アクセス数を今後も参考にさせて頂き、皆さんが読んで面白い 役立つと思ってもらえるブログに出来るように楽しく書かせて頂きますので、まだまだ若輩者ではありますが、よろしくお願い致します。
 アクセス数で分ったことは、大工の源さんのお話は皆さん好きだと言うことがわかりました。(笑)今では伝説の機種となってますが、都道府県毎に条例が違う為、初期旧CR大工の源さんが徳島にはまだ一店残っています。Vカップ終わり次第行きますので画像などを楽しみにお待ち下さい。
 今後ともよろしくお願い致します。ぺこ <(_ _)>
大工の源さんもう一つの顔
 私がパチンコ店員をしてた時は今から8年前になります。8年前は名機のオンパレードだったんですよ。知ってらっしゃいますか?今の海シリーズの前身「ギンギラパラダイス」や「大工の源さん」「フィーバーパワフル」「冒険島」等、名機ばかりで楽しい時代でした。そこで今日お話するのは、これらの台のお話はどこでも聞いたことがあると思いますので、ちょっとマニアックな台をお話しましょう。
 その台は、大工の源シリーズで唯一現金機として登場した「大工の源さん3」と言う台です。そんな台あったの?なんて人も多いはず。当時はそれなりに騒がれたんですよ('-'*)フフ
 この台の特徴は、爆発力なんです!「え?」って思われた方もいると思いますが、現金機で爆発力があったんですよこの台。それもそのはず、色々な数字やマークで当たりますが、その中でも7のみですが、当たった場合それ以降は5回の当たりが出るまで時短(確変じゃない)が続くのです。しかも、最後の五回目の当たりの時に、また7で揃うとまた5回の当たりが出るまで時短です。
 確変の5回をイメージした方は、羨ましく思ったことでしょうが、これは現金機であり、確変ではなく普通の確率の時短ですので、7が揃ってから場合によっては3時間も5回目の当たりが引けないと言うことがありました。私が働いていた店のこの台での最高連チャン数は、16回でして所要時間は9時間近くかかってました。そのお客様の顔は今でも忘れません。顔を合わせる度に、
「帰りたい・・・帰りたい・・・・・」っと仰ってました。
 店員をしていて、当たりを引いたお客さんのことを羨ましいと思った事は何度かありましたが、連チャンしてるお客さんがかわいそうだと思ったのは最初で最後でしたね。
今のパチンコと昔のパチンコ
 最近パチンコを打つようになって、店員をやっていた8年前とは随分変わりましたなって思います。私の持論ですが、パチンコとは当たれば金額にして5000円ほどの単発が出るわけで、基本的に5000円打ってる間に当たりが来なければ、遊ばせてもらえない店って考えてたんです。店員をしてた時もそうでした。私が勤めていた店は、優良店とは言えませんでしたが、遊ばせてあげる台と言うのははっきりしていて、一箱飲まれたくらいでちょうど次ぎの当たりを引くような確率でした。これは、当時からあるマジカルランプやナナシーに限ったことではなく、CR機と呼ばれるものも同じで、あの大連チャン機の大工の源さんでさえ、遊ばせる台はそんな感じだった。

 それが今はどうでしょうか?以前の機種のような設定と言うものもなくなり、5000円打てば出るとか言う良い設定の台にめぐり合えたと打っていてわかる喜びがなくなってしまった。そして、中々当たらない確立・・・・
釘さえ同じであれば、理論上どこの店でも同じ性能の台。なんだかなって気がする。

 ギャンブルを無くす動きは、あって当然だからしょうがないのかもしれないけど、多分他の人とは違う視点からだけど、パチンコには思い出があるので、パチンコ業界の衰退はなんだかさびしい。法律や取締りが出来る理由は、いつも今現状の決まりごとでは追いつかないからであって、パチンコの以前の基準に問題があった為に、改正されたのだろうから、今パチンコ業界は根本的な解決をしなければならない。私の町は田舎だが、新しい店が2店も出来ている。店舗が多ければ儲かるのはわかるけど、もう客から儲けて新しい店舗を出して拡大していく時代のようには思えないのですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。